【3年目のデビュー感想】日向坂46とは、仲間との絆で壁を乗り越える物語【けやき坂46】

日向坂46

日向坂46ドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」を観ました。

「3年目のデビュー」というタイトルが示す通り、アイドル業界でも異例な存在である日向坂46がどのように生まれたのか、そして夢へ向かってどのように歩みを進めているのかを、ライブ映像やインタビュー映像を効果的に用いて、丁寧に描かれています。

絆と仲間

欅坂46のアンダーグループとして誕生したけやき坂46が、苦悩と葛藤を乗り越えながら、自分たちの存在意義を探し出す過程はドキュメンタリー映画だからこそ観られるものです。

そして、グループとしてだけでなく「メンバー個人」の前に立ちはだかる壁を乗り越える姿も描かれています。メンバーが手を取り合って前に進むことで、日向坂46(けやき坂46)の色である“ハッピーオーラ”が生まれ、それを歌にのせてファンに届ける…

けやき坂の円陣での掛け声である「謙虚・優しさ・絆」、日向坂の円陣での掛け声である「1人じゃない、仲間とともに高く跳べ」

この円陣での掛け声の意味を、改めて認識することができました。

改名後の苦悩

順風満帆に見える日向坂46ですが、改名後も多くの試練が待ち受けていました。

メンバーの卒業やセンターの体調不良によるポジションの変更、そして長濱ねるの卒業、、、とてつもないスピードで過ぎていく日々の中で、自分を見失いそうになるメンバーも出る中、そこに手を差し伸べたのは、やはり仲間でした。

また、とある曲との出会いもメンバーの進むべき道を示してくる光となりました。

このように、現在進行形で進化していくグループを応援するのは、本当に楽しいです。

アイドルを応援する醍醐味ですね。

映画を観れば、メンバーの関係性やその曲の意義を再認識することができます。

『日向坂46ストーリー』読もう

個人的には、『日向坂46ストーリー』を映画を観た後(もちろん前でもいいです)に、一読しておくことをお勧めします。この本は、主に改名までのけやき坂46の歩んできた道に焦点を当てています。

映画では、描かれていないシーンもあるので、けやき坂46から日向坂46までの流れを、より深く知ることができます。

とても読みやすい本なので、日向坂46のことをもっと知りたい方は、ぜひ読んでください。

彼女たちのがんばっている姿をみると自然と元気ややる気がでてきます。

“日向坂”というグループ名のように、まさにメンバーひとりひとりが“太陽”のような存在です。

「3年目のデビュー」は、ファンなら間違いなく見ておくべき映画です。

けやき坂46・日向坂46とは、どんな困難も仲間との絆で乗り越えていく、現在進行形の物語。

日向坂46のことをもっと好きになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました