【書評】米国株の入門書!『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』【たぱぞう】

投資

今回紹介する本は、米国株ブロガーたぱぞう氏の「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」です。

たぱぞうさんは、米国株に関するブログを毎日更新されているブロガーさんです。

たぱぞうの米国株投資
米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど

僕も毎日読んでいて、大変参考にしております。

本書は、米国株の魅力から、具体的な投資信託・個別銘柄の紹介、おすすめの証券会社まで、米国株投資を始めるにあたって必要な情報が、網羅されています。

「米国株が気になっているけど、何から手をつければ良いかわからない・・・」

「たぱぞうさんのブログは読んでるけど、基本を復習したい!」

といった人にすごくおすすめです。

こんな人におすすめ!

①米国株を初めて学ぶ人

②たぱぞうさんの考えを復習したい人

僕も改めて、たぱぞうさんが主張する米国株の魅力を再認識しました。

なぜ米国株を選ぶのか?

2010年代の投資の最適解が米国株であったということは、誰も否定しないでしょう。

米国株の代表的な株価指数であるS&P500は、ここ10年で約三倍になりました。

本書では、そんな米国株の魅力が余すところなく語られています。

先進国では珍しく人口と消費が伸び続けること、企業・経営者への厳しい目線、長期投資すればほぼ負けないことetc…

本書を読めば、「米国株投資が最適である!」としっかり腹落ちでしょう。

また、おすすめの投資信託や証券会社も紹介されているので、読後に行動に移しやすいのもいいですね。

本書の結論は「初心者は米国株インデックスをiDeCoと積立NISAを利用して定期積み立て&長期保有せよ!」です。

(本書では個別株やETFの活用についても言及されています。)

本書の注意点

本書は、米国株の魅力や具体的な銘柄にページを割いていることもあり、この一冊で投資を始めるというのは少し危険です。

というのも、投資の目的は「資産を増やして豊かな生活を送る」という人がほとんどだと思います。

そのためには、「どのような人生を歩みたいのか?」「それを達成するためにはいくら必要か?」といった人生の羅針盤を持っている必要があります。

また、投資は入金力が重要です。1万円を入金できる人と100万円を入金できる人では、同じ指数に投資をしてもリターンは100倍違います。

入金力を増やすためには、収入を増やし、支出を減らすことが何より重要です。

これら投資を始めるにあたって重要な2つのことについては、本書で記述がありません。

両学長の「本当の自由を手に入れる お金の大学」も併せて読むことを強くおすすめします。

米国株の入門書におすすめ

米国株の優位性はこの先もしばらくは揺らぐことはないでしょう。コロナショックをいち早く乗り越えたのも、米国株でした。

コロナショックは、本書が言う米国株の魅力を再認識させてくれました。

米国株が少しでも気になっているなら、とてもおすすめの本です。

また、毎日更新されるたぱぞうさんのブログも超おすすめです。たぱぞうさんの優しい語り口調で投資から人生哲学まで、本書では語られていない部分も学ぶことができます。

みなさんも米国株投資で一緒に資産形成を始めましょう!

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/18 06:23:06時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに、2020年11月現在「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」はKindle Unlimitedの対象商品です。2ヶ月で299円の破格のキャンペーンも開催中なので、この機会にぜひKindle Unlimitedを活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました